ローズステークス 2016 レース後コメント 14着まで掲載



レース後コメントスローガン

秋華賞トライアル、2016ローズステークスが開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気シンハライト

2着に11番人気クロコスミア、3着に6番人気カイザーバル。

4着に8番人気デンコウアンジュ、5着に3番人気アットザシーサイド。

 

2番人気に推された桜花賞馬ジュエラーは11着でした。

ジュエラーは骨折明けもそうでしたが、スタートして早々引っかかり気味でしたね。

重たい馬場をかかり気味に先行して力尽きた感じでしょうか。

距離伸びる本番に不安を残す結果でした。

 

シンハライトは最後ギリギリ交わした感じでしたけど流石オークス馬、という内容でした。

折り合いの心配もないタイプですし、重馬場も克服。

秋華賞でも1倍台の人気になるかもしれません。

 

クロコスミアはもう何がどうなって激走したのかわかりません。

1㍉も頭になかったです。

 

個人的に応援しているカイザーバルが権利取ってくれて一安心。

トライアルの四位は頼りになるとはよく言ったもんです。

重馬場が得意なタイプではないと思うので、ひと夏越して地力つけているかも。

どこかで重賞とって欲しいです。

 

 

馬券はシンハライトからジュエラー、デンコウアンジュ、フロムマイハート、カイザーバル相手の3連単で撃沈。

フロムマイハートはハーツクライ産駒だし重馬場得意そう、と思って買ったのですが、騎手コメントを見るとそうでもないみたいです…。

クロコスミアは無理だなぁ…。

ローズステークス2016レース後コメント

1着 シンハライト(池添騎手)
「ゲートの中で我慢していたのでスタートは普通に切ってくれました。落ち着いて流れに乗りました。しかし、3コーナーで自分の取りたいポジションを他の馬に取られてしまい、思ったよりも少し後ろになりました。それでも馬を信じて進めて行きました。直線ではモタモタしていましたが、エンジンが掛かってからはいい反応でした。坂を上ったあたりで交わせるだろうと思っていましたが、ギリギリでしたね。結果を出せてホッとしています。体も増えていましたし、今後も順調に行ってくれればいいですね。次が大目標なので、それに向けて無事に結果を出すことだけを考えたいです。強かったです」

2着 クロコスミア(西浦勝一調教師)
「レースはジョッキーに任せていました。惜しかったですね。あそこまで行ったら勝ちたかったですが、よく頑張ってくれました。次につながる競馬だったと思います」

3着 カイザーバル(四位騎手)
「今日のような馬場は得意ではない中、よく頑張ってくれました。厩舎スタッフの方々が工夫をしてくれていて、折り合いもつけられましたし、(秋華賞の)権利を取れたことが何よりです」

4着 デンコウアンジュ(内田騎手)
「もう少し軽い馬場の方が、いいように感じました」

5着 アットザシーサイド(福永騎手)
「ペースが遅い中、いい位置につけられました。春よりも状態は良かったのですが、距離なのでしょうか…」

6着 フロムマイハート(和田騎手)
「重い馬場は良くない感じですね。道中は接触があるなど厳しいレース。それでも盛り返してくれたんですが…」

7着 アドマイヤリード(ルメール騎手)
「とにかくペースが遅く、位置も後ろでした。勝った馬も後ろでしたが、ポテンシャルが高いから来られたのだと思います」

8着 レッドアヴァンセ(武豊騎手)
「折り合いもついて、直線を向いた時にもいい感じでしたが、ラストで止まりましたね。もしかすると阪神は合わないのかもしれません。京都の良馬場ならもっといい走りが出来ると思います」

9着 フォールインラブ(古川騎手)
「シンハライトの後ろでついて行ければと思っていましたが、地力の差で離されてしまいました。それでもこの馬自身は伸びています。これからさらに経験すれば良くなるでしょう」

10着 クリノサンスーシ(幸騎手)
「好スタートから出たなりで競馬をしました。バテているわけではないのですが…。自己条件に戻ったらやれるでしょう」

11着 ジュエラー(M.デムーロ騎手)
「スタートが大事だと思い、ゲートは出た方がいいと思っていました。距離の問題は気にしていませんでした。ペースが遅いと思っていました。スムースに競馬が出来ました。直線では一生懸命走っていましたが、最後は疲れてしまいました。この馬場は合わないと思います」

12着 バレエダンサー(松若騎手)
「いいペースで運べました。まだまだ良くなりそうな馬ですね」

13着 クィーンズベスト(藤岡康騎手)
「ゲートを出て行かず、あの位置から。道中もハミを取ってくれませんでした」

14着 ラベンダーヴァレイ(浜中騎手)
「短い距離でこその馬ですね」

http://www.hochi.co.jp/

http://keiba.radionikkei.jp/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ