ラジオNIKKEI賞2016レース後コメント全馬掲載

レース後コメントスローガン

2016ラジオNIKKEI賞が開催されました。

勝ったのは1番人気ゼーヴィント。

2着に9番人気ダイワドレッサー、3着に番人気アーバンキッド。
4着に3番人気アップウォーク、5着に2番人気ブラックスピネル。

最終的に最内枠を引き1番人気に支持されたゼーヴィントが人気に応えて重賞制覇。

ディープインパクト×ブライアンズタイムはディーマジェステイと同じ。
母父フレンチデピュティのマカヒキも強いしディープ×母父パワー系は相性いいんですかね。

2番人気となったブラックスピネルは5着。
大外枠でスタート悪かったこと、ハンデ57キロ等考えると善戦したかと。

タニノギムレット×アグネスデジタルっていう渋い配合なので頑張って欲しいです。

16頭立ての15番発送のアーバンキッドは頑張りましたね。
アーバンキッドとブラックスピネルは内枠入っていたら勝ち負けだったかもしれません。

開幕週の福島で最内と大外だと相当違いそう。

まあアーバンキッドは福永騎手なので前詰まる危険もありますけど…。

名前が好き、という女子みたいな理由でミライヘノツバサから買って撃沈しました。
そういう理由で買うなら単勝とかが普通なんでしょうけど欲を出して3連複を買うという。

外れて当然でした。


2016ラジオNIKKEI賞レース後コメント

1着 ゼーヴィント(戸崎騎手)
「1番枠だったので、内で我慢して…と思っていた。いいスタートを決めてリズムをつかめた。直線での手応えは良く、上手に立ち回ってくれた。斤量(54キロ)にも恵まれチャンスだと思っていたので、勝ててうれしい」

2着 ダイワドレッサー(石川騎手)
「思い通りの正攻法の競馬。勝ち馬は強かったけど、上手に競馬が出来たし、このまま成長していけば、どこかで(重賞を勝つ)チャンスはあると思う」

3着 アーバンキッド(福永騎手)
「折り合いはついたけど、外枠だったので内に入れられなかった。切れ味を生かせる直線の長いコースが合っていると思う」

4着 アップクォーク(柴山騎手)
「ゲートが速くなかったので、後ろからになった。自分から動いていきたかったけど……。力はここでも通用する」

5着 ブラックスピネル(武豊騎手)
「スタートのタイミングが悪くて、下がったときに切られてしまった。大外枠でハンデが重かったのも影響したかも」

6着 ジョルジュサンク(田辺騎手)
「途中でまくられても、惑わされずに運べた。手応えは良かったし、しのぎきれるかと思ったが…」

7着 ナイトオブナイツ(松山騎手)
「スタートが良く、折り合いもついた。器用なタイプではないので、広いコースの方がよさそう」

8着 ミライヘノツバサ(内田騎手)
「もう少し時計がかかる馬場がよかったかも。あとは、久々の分が影響したかもしれない」

9着 ロードヴァンドール(四位騎手)
「できればハナに行きたかったが、内の馬の方が速かった。あれ以上行くと、オーバーペースになってしまう」

10着 ストーミーシー(江田照騎手)
「最後は伸びているけど、外から来られた時に踏み遅れてしまった。もっと我慢してもよかったかもしれない」

11着 ピックミータッチ(杉原騎手)
「(出遅れた)スタートが全て。しまいはしっかり伸びていた」

12着 キングハート(嘉藤騎手)
「手応え良く回って来れたけど、最後は止まってしまった。ただ、力は付けている」

13着 トモトモリバー(丸田騎手)
「うまくさばいて来れたけど、最後は止まってしまった」

14着 カネノイロ(田中勝騎手)
「張り切って走っていたけど、距離が長かったかもしれない」

15着 ミエノドリーマー(蛯名騎手)
「マイル以下の馬だと思うけど、馬自身は力を付けている」

16着 カープストリーマー(中谷騎手)
「ゲートでソワソワして、タイミングが悪く出てしまったが、それにしても負けすぎ」

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ