2016日本ダービー(東京優駿)枠順確定

枠順確定

2016年、第83回日本ダービー枠順が確定しました。

個人的に注目していた点は二つ。

皐月賞を18番枠で勝ったディーマジェスティが何番に入るのか。

18番枠で皐月賞制覇はサニーブライアン以来。
サニーブライアンはダービーでも18番引いて2冠達成。

ディーマジェスティが18番引いたら面白そう、と思っていました。

 

あとひとつは過去10年でやたら勝っている1枠1番を引くのはどの馬か、でした。

 

結果、というか確定した枠順はこちら。

1ディーマジェスティ(蛯名正義)
2マイネルハニー(柴田大知)
3マカヒキ(川田将雅)
4レインボーライン(福永祐一)
5エアスピネル(武豊)
6アグネスフォルテ(松山弘平)
7ロードクエスト(岩田康誠)
8サトノダイヤモンド(ルメール)
9マウントロブソン(ベリー)
10スマートオーディン(戸崎圭太)
11アジュールローズ(ボウマン)
12リオンディーズ(デムーロ)
13レッドエルディスト(四位洋文)
14ヴァンキッシュラン(内田博幸)
15イモータル(石川裕紀人)
16ブレイブスマッシュ(横山典弘)
17プロフェット(浜中俊)
18プロディガルサン(田辺裕信)


ダービーは内枠有利

1枠1番にディーマジェスティ!

なんということでしょう。
ディーマジェスティはこれで有利なデータと不利なデータ両方抱えることになったので評価が難しいです。

有利なデータはここ10年で4勝2着2回の1枠1番。

不利なデータは人気薄(単勝15倍以上)で皐月賞を勝ってダービーでも勝ったのがサニーブライアンだけ。
これはなんとグレード制導入以降の記録

と、共同通信杯の勝ち馬ダービーを勝ったのがここ20年でジャングルポケットだけ、という点。

共同通信杯って東京だしダービーにもつながりそうですがそんなことないんですね。

2着に来たのがイスラボニータ。
3着はというと97年のメジロブライトまで遡ることに。

4着に来たのはリアルスティールとナカヤマナイト。

 

ゴールドシップやフサイチホウオーあたりがダービーで人気を裏切っています。
ディーマジェスティは勝っても負けてもデータ通りと言えなくもない存在に。

 

ちなみにマカヒキはウオッカと同枠。
先週のシンハライトも2枠3番でしたね。

ダービーは割と明確に内枠有利ですので、ディーマジェスティとマカヒキがまずは幸運だったように思います。

マカヒキの気になるデータは

皐月賞2着馬はここ10年ダービー勝ってない

でしょうか。エピファネイアの2着が最高です。

 

サトノダイヤモンドもレースしやすそうな枠ですね。

サトノ軍団悲願のGⅠ制覇がダービー、なんてドラマは用意されているのでしょうか。

 

近年まれに見るハイレベルと言われた春の3歳牡馬クラシックもクライマックスが近づいてきました。

ダービーが終わった後みんなどんな感想になっているのか。

  • やっぱり3強は強かった
  • 3強とはなんだったのか

どちらのパターンも十分に考えられますね。

 

馬券買うのも難しいですね。
ある程度絞って買わないとプラスにならなさそう。

悩ましいけど楽しい週末になりそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ