NHKマイルカップ2016レース後コメント | 全馬掲載

レース後コメントスローガン

2016NHKマイルカップが開催されました。

1番人気メジャーエンブレムが人気に応えて優勝。
2着には2番人気ロードクエスト、3着には12番人気レインボーライン。

4着7番人気ダンツプリウス、5着に5番人気トウショウドラフタという結果でした。

 

見応えのある良いレースでした。
メジャーエンブレム以外の前に行った馬は掲示板に乗れていないので数字以上に厳しい流れだったかと思います。

自分のペースで逃げて先行馬をつぶして差し追込みも抑えきる、3歳牝馬とは思えない内容でした。
桜花賞でやらかしたルメール騎手も見事なペース配分。

ロードクエストは出負け気味のスタートから最後は大外をぶん回して2着。
池添騎手のシルバーコレクターぶりに磨きがかかってきました。

ロードクエストは単純に相手が悪かったですね。
久々にらしい末脚見せてくれてよかったです。

勝ち時計も思ってたより早かったかと。

当日の他の芝レース見ているかぎり33秒台前半の決着かなと予想していたので驚きました。
かなり厳しく、レベルの高いレースだったように思えます。

時計早くなると厳しいかな、と思っていたレインボーラインの3着も見事。
福永騎手がブロンズコレクターになっていますが、池添騎手とともに人気薄を持ってきたりもしているので、やはり調子いいようですね。

フレンチデピュティの血を持った馬が今年も馬券圏内に。

 

トウショウドラフタはここ最近見せていた落ち着きを失っていたようですが、それでも立派な5着。
折り合いさえ問題なければマイルでも十分戦えると思いますが、現状1400以下が良いようですね。

この馬も強いと思っているので今後が楽しみ。
なんせ私の推し馬オデュッセウスに勝ってますから!

 

私の◎アーバンキッドは16着。
メジャーエンブレムのすぐ後ろで進めましたが、この馬にはペースがきつかったかもしれません。
他に印うったハクサンルドルフやブレイブスマッシュも走破時計は悪くないのですが、いかんせん相手が悪かったです。

来週のヴィクトリアマイルもいいメンバー揃いそうなので楽しみです。


2016NHKマイルカップレース後コメント

1着 メジャーエンブレム(ルメール騎手)
「とても嬉しいです。桜花賞は前に行けず4着に終わりましたが、今日はスタートが良く、自分のペースで行けました。とてもリラックスしていて完璧なレースが出来ました。最後は後ろから来る馬が気になって、ゴールの時は少し怖かったです。今、彼女は一番上の馬です」

2着 ロードクエスト(池添騎手)
「3回目の騎乗で、今日は一番調子が良かったです。末脚を生かすように後ろから行こうと決めていました。3コーナーで、手前を替えるタイミングと重なって、前に乗っかかるような形になってロスがありました。メジャーエンブレムが逃げているのは見えていて、ゴチャつくと思ったので勢いをつけて外へ出して行きました。もう少しペースが流れて欲しかったのですが…」
(小島茂之調教師)
「運がないのでしょうか。あれだけ外を回って来るのだから偉い馬です。やはり左回りが合うのでしょう。攻めて調教してきたのは失敗じゃなかったです。この後は休んでもいいと思いますが、斤量が軽くなる安田記念や、出走出来るダービーも可能性はゼロではありません。一番可能性が大きいのはお休みですが、ギリギリまで待って、次にどうするかを決めたいと思います」

3着 レインボーライン(福永騎手)
「上位争いをするにはこれしかないと思っていました。強いて言えば併せる形に持ち込みたかったのですが、よく頑張ってくれました」

4着 ダンツプリウス(丸山騎手)
「もう少し内枠なら位置を主張しやすかったのですが、能力は示してくれました。もう少し流れて欲しかったです」

5着 トウショウドラフタ(田辺騎手)
「ここまでムキになっていたのは初めてです。リラックスして走っていた馬が気負っていました」

6着同着 ハクサンルドルフ(内田博騎手)
「マイルくらいの差し馬として能力を感じる走りでした。よく6着まで来てくれています」

6着同着 ブランボヌール(三浦騎手)
「前回より全然良く、道中もリズムが良くて、一瞬オッと思えるところがあった」

8着 ブレイブスマッシュ(小笠調教師)
「最後は思い切って内を突いて、スペースを見つけてよく伸びてくれた。騎手も『頑張っている』と言っていた」

9着 ストーミーシー(江田照騎手)
「中団でいい感じに運べましたが、流れが淡々としていましたね」

10着 シャドウアプローチ(T.ベリー騎手)
「休み明けでしたし、使って良くなりそうです」

11着 イモータル(戸崎騎手)
「いい位置ではまれたと思ったが、現状まだ緩さがある。これからの馬」

12着 シュウジ(須貝調教師)
「いい競馬はしてくれたが、結果的に1ハロン長かった。勝った馬は強かった」

13着 エクラミレネール(大野騎手)
「いい枠を引けて、いい競馬は出来たのですが…」

14着 カネノネイロ(蛯名騎手)
「最後は止まって、脚色が同じになった」

15着 ペルソナリテ(柴田大騎手)
「ゲートを歩いて出るような形でした。もうちょっとついて行ければ着順が上がったと思うのですが…」

16着 アーバンキッド(ボウマン騎手)
「勝ち馬について行って離されました。適性のある距離を見つけてあげられれば勝てるところもあると思います。乗りやすくていい馬です」

17着 ティソーナ(デムーロ騎手)
「スタートで遅れたし、直線では前の馬がフラフラしてスペースがなかった。残念だった」

18着 シゲルノコギリザメ(松岡騎手)
「いいペースでしたし、あまり速い流れでも厳しくなりますし…」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ