2016中山記念ドゥラメンテ始動

ドゥラメンテ中山記念

今週の2月28日日曜日には中山記念と阪急杯が行われます。

本格的に春競馬のスタート、といった感じですね。

中山記念は競馬ファン必見の豪華メンバーが揃いそうです。


大注目の復帰戦

なんといっても注目は昨年の春クラシック2冠馬ドゥラメンテ

皐月賞、ダービーを敵なしと言って差し支えない強さで圧勝。
秋には3冠に挑むのか凱旋門賞に挑むのかと大きな話題を呼びましたが、骨折して休養。

中山記念は実に9か月ぶりの復帰戦。
橋本調教助手は「休み明けだけど十分な仕上がり。走れる体つき」とコメントされています。

レース当日どのくらいの体重で出てくるかも注目ですね。

+10キロ程度ならかなりしっかり絞って来たな、という印象。
数字上だけでは判断が難しいところではありますが+20キロくらいまでなら問題ないんじゃないでしょうか。

というかそのくらい成長していて欲しい。

個人的には昨年凱旋門賞に行ったら勝ち負けするんじゃないかと思っていたので、今年は万全な状態で挑んでもらいたいです。

普通の馬なら骨折で9か月ぶりのレースなら無事に回ってきてくれれば良いようなものですが、ドゥラメンテの場合はちょっと期待値が違いますよね。

シルバーコレクター返上なるか

中山記念は他にも注目馬がたくさん。

昨年皐月賞・菊花賞2着のリアルスティール
共同通信杯でドゥラメンテを負かしているのですがその後は勝ちに恵まれていません。

やたらと叩かれる福永騎手もケガから復帰してこのあたりで完全復活をアピールしたいところ。
福永騎手は小回りの中山競馬場だと他の競馬場にも増して良い足で伸びて最後届かず、といったレースになることが多いのでどう立ち回るか注目です。

待ってろモーリス

一昨年の皐月賞馬イスラボニータも参戦。
昨年もこのレースから始動し、1番人気5着と期待を裏切りました。

昨秋はマイル戦線にも顔を出しましたが勝ちきるまでには至らず。
マイルCSは出遅れが痛かったですが自力を見せて僅差の3着でした。

出遅れなければマイル王モーリスとの勝負もわからなかった感じですね。

今年は安田記念に行くのだと思いますし、相手は強いが恰好はつけたいところ。
フジキセキ産駒は成長力があまり無い印象なのと出遅れ癖ついているかも、という点が心配。

びーあんびしゃーす!

名前見るたびにTOKIOの歌が頭を流れるアンビシャス
昨年のプリンシパルS、ラジオNIKKEI賞の連勝は見事なものでした。

大事に使われていますが、期待通りに成長していてくれれば今年大きい所を勝つんじゃないかと思っています。

切れ味勝負のタイプなので、開幕週の中山というのが不安。
内枠引いて無理なくいいポジションで競馬できれば…。

皐月賞馬はまだいるぞ!

忘れてはならない皐月賞馬、ロゴタイプ
どうも完全復活して昨年程度の力なんじゃないのか、という感じは否めませんが、今回チャンス到来ではないでしょうか。

開幕週の中山で先行馬がそんなにいなさそうな顔ぶれ。
自身の中山適正は抜群ですし、イスラボニータがちょっと出遅れ癖ついている可能性もあるだけに展開的に有利に立ち回れそう

陣営がしっかりここを狙いに来ていれば勝機十分と見ます。

 

あと穴っぽいところではフルーキーでしょうか。
陣営が先行策を宣言しているだけに折り合えば不気味。

戸崎騎手は折り合い重視で後ろから行き過ぎることが多いように感じるので、陣営からの先行策宣言はプラス材料。

時計が早くなっても問題ないですしね。

こういう実績馬がゴロゴロ出るレースは意外と伏兵馬が2着とかに来ることが多い気がします。
今回は有力どころが休み明けですしひと波乱あるかも!?

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ