みやこステークス2016レース後コメント

レース後コメントスローガン

みやこステークス2016が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは4番人気アポロケンタッキー。

2着に1番人気グレンツェント、3着に7番人気ロワジャルダン。

4着に5番人気モンドクラッセ、5着に12番人気メイショウヒコボシ。

 

2番人気アスカノロマンは14着、3番人気ラニは13着。

アスカノロマンは調教の動きがいまいち、と言われてましたがその影響でしょうか。

 

ラニはズブすぎて乗ってる騎手大変そう。

ヒシミラクルとかゴールドシップとかと同じタイプかと。

1800mでも短いように感じるので日本だとレース選び大変そう。

 

アポロケンタッキーは着差以上に強い内容。

前走ブラジルカップ8着でちょっと人気落ち。

松若騎手は3年目ですけどまだインタビューが初々しい。

 

馬券はタムロミラクルからちょろっと買ってかすりもせず。


2016みやこステークスレース後コメント

1着 アポロケンタッキー(松若風馬騎手)
「調教に乗って癖は掴んでいたので、自信を持ってレースに臨みました。もまれ弱そうだったのでできるだけ自分から動くレースを心がけました。4コーナーでエンジンが掛かってからは、勢いをつけてしぶとく最後まで走ってくれました。力があるのは確かです。若いし、伸びしろもまだまだありそうなので、このままいい形で成長して行ってくれればいいですね。本当に先々楽しみな馬です」

2着 グレンツェント(川田将雅騎手)
「いい流れの中、スムーズにレースをして頑張ってくれました。今日は勝ち馬が着差以上に強かったですね」

3着 ロワジャルダン(浜中俊騎手)
「昨年のようなレースを心がけました。最近折り合いを欠くと聞いていましたが、そんなことはありませんでした。直線は内も空いて、ビュッという脚を使ってくれました。成長を感じます」

4着 モンドクラッセ(岩田騎手)
「いいペースで行けましたが、馬体増の影響(プラス15キロの532キロ)か、モサッとした感じの走りでした」

5着 メイショウヒコボシ(松山弘平騎手)
「スタート良くいい位置からレースが出来ました。直線で不利はありましたが、最後は差し返す脚を使っています。重賞でもやれる力があると思います」

6着 モルトベーネ(小牧騎手)
「一発狙っていた。どんな競馬もできるし、いつかは」

7着 キョウエイギア(バルザローナ騎手)
「4コーナーで勝ち馬に当てられて、やめてしまいました。それが痛かったです」

8着 インカンテーション(藤岡康太騎手)
「ゲートを上手に出て、ポジションを取りに行った分、道中は力んで早目から手が動く形になりましたが、そこから踏ん張ってくれたのは地力のある証拠です。今回は久々でしたし、次はもっと動けるようになるでしょう」

10着 カゼノコ(北村友騎手)
「もう少し脚抜きのいい馬場がいいんでしょうか。きょうのような馬場だと手応えほど反応してくれなくて…」

11着 マイネルクロップ(国分優騎手)
「休み明けの割にはしまいもしっかり。使ってよくなるタイプですしね」

12着 サクラエール(池添謙一騎手)
「少し距離が長いかな……? 3~4コーナーでは動けそうな感じもありましたが、最後は一杯になってしまいました。これを使って次は良くなってきそうです」

13着 ラニ(内田博幸騎手)
「いつもそんな感じですが、スタートで出て行きませんでした。今日は久しぶりの右回りで東京コースよりもカーブがきつく最後までエンジンが掛からないまま終わってしまいました」

14着 アスカノロマン(和田竜二騎手)
「58キロですからある程度前へ行くという今日のようなレースを考えていました。勝負どころまではいい感じだったのですが、最後は止まってしまいました。息が上がった感じもありましたし、次はもっと(調教で)攻めて行った方がいいのかもしれません」

15着 ナリタスーパーワン(四位騎手)
「休み明けで少し太かったし、距離も少し長い感じだった」

16着 メイショウイチオシ(秋山騎手)
「先行したかったけど、行けなかった」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ