ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2016が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは3番人気カデナ

2着に1番人気ヴァナヘイム、3着に6番人気ベストアプローチ。

4着に8番人気ワンダープチュック、5着に7番人気ソーグリッタリング。

 

前走ヴァナヘイムを破った2番人気プラチナヴォイスは6着でした。

 

カデナは父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ。

ディープ×フレンチデピュティはマカヒキと同じ配合。

折り合いも心配なさそうですし、かなり余裕がある勝ち方。

現時点では牡馬クラシックの主役といっていいかも。

 

ヴァナヘイムは荻ステークスに続いて2着。

どうもあんまり切れるタイプでは無さそう。

デビュー戦はインパクト強かったですが、ちょっと善戦マン止まりになりそうな感じも。

 

 

京都2歳ステークスが2000mの重賞になって今年で3回目。

昨年までの2年間の勝ち馬はベルラップ、ドレッドノータスとクラシックではぱっとせず。

 

1800mのオープン特別時代は結構後の活躍馬を輩出していた記憶が。

重賞に昇格する直前はトーセンスターダム、エピファネイア。

遡るとヴィクトワールピサ、エイシンチャンプ、アドマイヤドンなども。

 

ちょっと2歳戦の重賞増えすぎかと思います。

ラジオNIKKEI杯は年末の2000mのままで良かったなぁ。

歴史ある出世レースはあんまり無くさないで欲しいですね。


2016京都2歳S レース後コメント

1着 カデナ(福永祐一騎手)

「イメージ通りのレースができ、馬もそれに応えてよく伸びてくれました。一番有力だと思っていた馬の後ろの位置を取ることができ、この形で負けたら仕方ないと思うくらいでした。距離が延びても良さそうですし、牡馬クラシックをにぎわせてくれる馬になってくれると思います」

2着 ヴァナヘイム(A.シュタルケ騎手)
「プラン通りのレースができました。勝ち馬と併せる形になっていれば違ったと思います」

3着 ベストアプローチ(川田将雅騎手)
「3コーナーまでいいリズムでしたが、そこから行けずに直線もなかなか進路が出来なかったのですが、終いはいい脚で伸びてくれました」

4着 ワンダープチュック(武豊騎手)
「折り合いがつきましたし、その分終いはよく伸びました。メドが立ちました」

5着 ソーグリッタリング(M.デムーロ騎手)
「よく頑張ってくれたのですが、直線で狭くなったのが痛かったです。距離はもう少し短い方がいいかもしれません」

6着 プラチナヴォイス(和田竜二騎手)
「今日は気分が乗りすぎていて、消耗していました。直線も反応し切れませんでした」

7着 マイネルザウバア(アッゼニ騎手)
「スタートがよかったのでハナへ。リズムよく運べたが、最後は伸びがひと息でした」

8着 ダノンディスタンス(ルメール騎手)
「反応に時間がかかるので内回りは厳しかった。距離ももっとあった方がいいですね」

9着 エーティーラッセン(四位騎手)
「ゲートを出てくれていい位置から運べたけど、ペースが上がると置かれてしまった。成長しているし、自己条件に戻れば」

10着 アダムバローズ(藤岡康騎手)

「イレ込みがきつくて、レースでは力んで走っていました」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ