京都新聞杯.2016レース後コメント

レース後コメントスローガン

2016京都新聞杯が5月7日(土)に開催されました。
私は未だに京都新聞杯は秋というのイメージがあります。どうでもいいですね。

1番人気スマートオーディンが優勝。

2着は9番人気アグネスフォルテ、3着は4番人気ロイカバード。
2番人気ブラックスピネルが4着、3番人気エルプシャフトが5着。

スマートオーディン強いですね。
距離どうだろうと思ってましたが全然関係なさそう。

ダービーでは厳しいかと思いますが、非根幹距離の重賞勝ちまくりそうな感じがしますね。
フジキセキのファンの方が羨ましいです。

アグネスフォルテはハービンジャー産駒。
ハービンジャー産駒は2000m超えたくらいからが本番ですね。

結構好きな種牡馬なので活躍馬が出て欲しいです。

ロイカバードは池添騎手のコメントで距離短い方が良いとの事。
今回頑張っていたと思いますしこれから楽しみ。

落札価格をペイするのはしんどそうですけどね。

超良血エルプシャフトは何とか掲示板確保。
デビュー2戦目にしては上出来でしょう。

プリンシパルSのショパンとは明暗が分かれましたね。

2016京都新聞杯レース後コメント

1着 スマートオーディン(戸崎圭太騎手)
「初コースで、4つのコーナー、距離と課題がありましたが、強い競馬を見せてくれました。ポジションは気にせず、折り合いだけ気をつけました。良い感じで行っていましたし、その辺りもクリアしてくれました。手応えは十分でしたし、最後のいい脚があります。この距離をこなして、ある程度の課題はクリアしてくれたので、今後も楽しみです」

2着 アグネスフォルテ(松山弘平騎手)
「良いポジションでした。距離がのびましたが、折り合いがついていました。これぐらいの力はありますね」

3着 ロイカバード(池添騎手)
「1、2コーナーで力みましたが、向こう正面でハミが抜けてくれました。いい感じで直線を迎えましたが、勝ち馬とは手応えが違い過ぎました。これからの馬ですし、距離ももう少し短い方がいいですね」

4着 ブラックスピネル(ルメール騎手)
「道中は少しかかりました。1800メートルくらいがいいように感じました」

5着 エルプシャフト(横山典弘騎手)
「返し馬に乗って、ゲートを出たら、行ってもいいかなと思いましたが、乗った感じではたぶん後ろからが良いだろうと思っていました。実際出遅れたのであのような競馬になりました。しかし、ここに使えたことがすごいですし、2戦目でこの結果ですからビックリしました。まだまだこれからの馬です」

6着 エルリストン(福永祐一騎手)
「こういう競馬ができると思って、使わせてもらいました。ただ現状は力不足です。長距離の適性は感じますが、まだまだこれから良くなる馬です。今日の経験が今後に生きてくれれば良いですね」

7着 スワーヴアーサー(四位洋文騎手)
「ワンチャンスだったので、入着狙いでしたが、ダメでした。気持ちとしてはもっとじっくりと行きたかったのですが、ある程度ポジションを取りに行きました。もっと良くなるでしょう」

8着 ゼンノタヂカラオ(川田将雅騎手)
「現状ではバンバンの良馬場でないと厳しいと思います。少し馬場が緩かったので、その辺りが出たと思います」

10着 ダンツエイコウ(佐藤騎手)
「久々でまだ緩い部分がありました」

11着 ユウチェンジ(松若騎手)
「ゲートはひと息でしたが、内をロスなく立ち回れました。少し距離が長いのかもしれません」

13着 カルムパシオン(幸騎手)
「まだ集中力に欠ける面がありました。そのあたりが解消して前向きさが出てくればいいですね」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ