小倉記念2016レース後コメント

レース後コメントスローガン

小倉記念2016が開催されました。
レース後コメントを掲載しています。

勝ったのは11番人気クランモンタナ。

2着に4番人気ベルーフ、3着にエキストラエンド。
4着に1番人気ダコール、5着に5番人気マーティンボロ。

アンカツさん本命で2番人気のサトノラーゼンは7着。

ちょっと復調気配が見えないですね。

 

勝ったクランモンタナの和田騎手は3コーナーあたりからずっと追い通し。
ディープ×トニービンはサトノノブレスもそうですけどちょっとずぶい感じになるんでしょうか。

2着のベルーフと4着のダコールは直線の不利がかわいそうでしたね。

特にベルーフはスムーズなら勝っていたのではないでしょうか。

 

私は3連単4頭BOXで勝負。

ずっと応援しているベルーフとダンス産駒のウインリバティ

どれかディープ産駒来るだろう、と思ってクランモンタナ
クランモンタナ選んだ理由は2年前の小倉記念同じディープ×トニービンのサトノノブレスが勝っていたから。

あと個人的に血統フェチなので血統馬券でお馴染み亀谷さんがコラムで推していたリヤンドファミユ

結果は1着・2着と12着・13着。
悔しがっていいのか悪いのかわからない結果でした。

エキストラエンドはまるで頭になかったなぁ…。

 

来週は関谷記念にダンスインザダーク産駒のケントオーが登場!
頑張れケントオー!


2016小倉記念レース後コメント

1着 クランモンタナ(和田竜二騎手)

「最近の成績は目立ちませんでしたが、調教に乗ったときの手応えで『これは!』と思ってレースに臨みました。陣営からはいけるポジションからレースをしてという指示でほぼ理想通りのレースが出来ました。ただ、ズブい面があって、少し疲れました。とにかく乗り味よくて走る馬。ラストは一杯になりながらも、本当に良く頑張ってくれました」

2着 ベルーフ(D・ホワイト騎手)
「4コーナーを回って外に振られる不利がありました。1~2馬身の距離損があったと思います。勝ち馬との差を考えると残念です。今までスムーズにレースが出来ない感じだった馬ですが、溜めれば伸びますね」

3着 エキストラエンド(浜中俊騎手)
「走るフォームがはまってくるのがゆっくりといった感じ。レースはリズム良く道中脚を溜めて、終いに脚を使うレースをしました。今はマイルよりこれくらいの距離が合っていると思います」

4着 ダコール(小牧太騎手)
「道中はうまく捌けたのですが、直線で不利がありました。不利がなければ最低でも3着はあったでしょう」

5着 マーティンボロ(藤岡佑介騎手)
「いい感じでレースが出来ましたし、いいタイミングで動けたと思うのですが、やはり57キロだと最後は少し苦しいですね。ただ、だんだんと自在に動けるようになってきています」

6着 テイエムイナズマ(古川吉洋騎手)
「1コーナーでいいポジションが取れましたし、その位置から一気に行けるかと思ったのですが、少し前に入られたりした分伸び切れませんでした。残念です」

7着 サトノラーゼン(岩田騎手)
「何のストレスもなく運べたんですが、反応してくれなかった。ちょっとわからないですね」

8着 メイショウナルト(松若騎手)
「自分の形では運べました」

9着 アングライフェン(川田騎手)
「きょうは、自分から進んで行こうとしてくれませんでした」

10着 プランスペスカ(幸騎手)
「きょうはハミがかかりませんでした。雰囲気は良かったと思うんですが、気の悪さを出した感じです」

11着 ウインリバティ(松山騎手)
「勝負どころで手応えがなくなってしまいました」

12着 リヤンドファミユ(藤岡康騎手)
「機嫌を損ねないように運んだんですが…」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ