菊花賞 2016 レース後コメント全馬掲載

レース後コメントスローガン

菊花賞2016が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気サトノダイヤモンド。

2着に9番人気レインボーライン、3着に6番人気エアスピネル。

4着に2番人気ディーマジェスティ、5着に4番人気ミッキーロケット。

 

ディープ産駒の3000m未勝利、サトノの呪いなどを打ち破ってのGⅠ制覇。

里見さんはようやくGⅠタイトルに手が届きましたね。

 

しっかしまあ見事な横綱相撲。

4コーナー回ってきて持ったままだったし、騎手も馬も完璧だったと思います。

「強い馬が勝つ」菊花賞が見れて良かった!

次走に関してですけど、年内はあと一戦の予定だそうです。

有馬か香港かのどっちからしいですけど、その2択なら有馬出て欲しいですよね。

香港の方が勝ちやすそうですけと。

 

 

レインボーラインとエアスピネルは距離適性がよくわからなくなりました。

どっちも今後どういうレースをしてくれるのか楽しみ。

 

エアスピネルは道中結構ひっかかってたのであの粘りは驚きました。

レインボーもエアスピネルも距離関係なく自分の競馬に徹したら安定した走りをみせるタイプでしょうかね。

 

ディーマジェスティは案外伸びず。

初の輸送の影響があったのか4コーナーくらいで手応えが怪しくなってました。

有馬記念は条件ピッタリな気がするので、人気落ちていたら狙います。

落ちてなくても買いますけど!

 

上位5頭はみんなベストは中距離な感じのお馬さん。

カフジプリンスとかレッドエルディストとか長距離どんと来い、の馬は思うようなレースが出来ず。

菊花賞はステイヤーで穴を狙うぜ!っていう時代は終わっちゃったかもしれません。

 

 

サトノダイヤモンドの池江調教師は来年の目標は凱旋門賞だと明言。

前でも競馬できるし無事に出走出来たら楽しみ。

来年の凱旋門賞はサトノダイヤモンドとキタサンブラックに期待。

もちろんディーマジェスティやマカヒキのリベンジも見たい。

 

その前に国内でまた戦って欲しいですね。

来年からは大阪杯がGⅠに。

みんな無事だとかなりの豪華メンバーが集まりそう。

春の天皇賞スッカスカになりそうですけど。

 

私ごとですけど菊花賞は生観戦してきました。

>>菊花賞を見に京都競馬場に行ってきた2016

 


菊花賞2016レース後コメント

1着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)
「今とても興奮しています。日本で始めてのクラシックの勝利、この馬も初めてのGI勝利、オーナーも始めてのGI、本当によかったです。今日は本当によく頑張ってくれました。今日はトップコンディション、まだまだ若いところがありますが、秋になって一番のコンディションでした。とにかく乗りやすい馬なのですが、3000mという距離は心配でした。直線は馬の反応も良く、集中していたので、いけたのではないかと思いました。これから他のGIの舞台でも活躍してくれそうです」

2着 レインボーライン(福永祐一騎手)
「ある程度流れると思っていたので、後ろから構えてのレース。思った以上に流れてくれました。道中は終始、折り合いに専念して行きたがるところをなだめながらの追走で、直線はラストまで頑張ってくれました。決して得意とはいえない距離ながら今回も期待を上回る走りをしてくれました」

3着 エアスピネル(武豊騎手)
「引っ掛かってしまいましたね。1周目から向正面までずっと力んで走っていました。折り合っていれば結果は違ったかもしれません。それでもよく頑張って走っています」

4着 ディーマジェスティ(蛯名正義騎手)
「最初からハミを取らない感じでした。ゲートを出たあと、勝ち馬の横につけたかったのですが、向正面で蓋をされ、勝負どころでは勝ち馬に馬なりで離されてしまいました。2着争いでもしっかり抵抗しているのですが……」

5着 ミッキーロケット(和田竜二騎手)
「正面スタンド前で、内にもたれる面を出してしまいました。元々そうした面はあるのですが、もたれるとハミを噛んでしまって、なかなか抜けなくなってしまいます」

6着  シュペルミエール(北村宏騎手)
「出来は抜群でした。もう少し前のポジションを取りたかったんですが…。最後はよく詰めてくれてますし、馬はランクアップしています」

7着 マウントロブソン(川田将雅騎手)
「前走より具合は良くなっていました。リズム良く走っています。現状では精一杯頑張っています」

8着 カフジプリンス(矢作芳人調教師)
「勝負どころで動けないというこの馬の弱点が出てしまいました。その結果、直線では前が開かなくなってしまったし、脚を余す形になりました。もったいないレースでした。調教の状態はよかったのですが、この課題を何とかしないといけませんね」

9着 レッドエルディスト(四位洋文騎手)
「スタートを良く出て自然に勝ち馬の後ろの位置を取れました。しかし、ペースが上がったところでついて行けなくなりました。レース前はもっとやれると思っていたのですが、現状ではまだ力不足なのかもしれません。ただ、まだ緩さの残る馬ですから、これからに期待したいですね」

10着 ジュンヴァルカン(デムーロ騎手)
「休み明けでじりじりとしか伸びなかった」

11着 プロディガルサン(田辺騎手)
「2周目の向こう正面で狭いところに突っ込んで行くと力んでいた」

12着 ウムブルフ(浜中騎手)
「イレ込みは許容範囲でした。2周目の向こう正面で外から来られた時にかかってしまいました」

13着 ミライヘノツバサ(藤岡康太騎手)
「ハナは主張して行きました。直線半ばまで踏ん張ってくれましたし、よく頑張っています。先々楽しみです」

14着 アグネスフォルテ(松山騎手)
「外枠が応えました。内枠からスッと馬の後ろにつけられていればもう少し折り合えたと思います」

15着 ジョルジュサンク(幸騎手)
「前めで運ぶイメージで。4コーナーで勝ち馬が来ると反応できなかった」

16着 コスモジャーベ(丹内騎手)
「人馬ともにいい経験となりました」

17着 イモータル(ヴェロン騎手)
「3000メートルで気の強さを出しては厳しい」

18着 サトノエトワール(池添騎手)
「まだこれからの馬です」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ