香港国際競争GⅠ・賞金・日本馬レース後コメント

レース後コメントほんこんさん

香港国際競争が行われました。

1日で4つのGⅠを行う大一番。もうすっかり年末の風物詩。

毎年多数の日本馬が参戦、今年も全部で13頭。

それぞれのレースの優勝賞金レース後コメントをまとめました。

 

人気は日本でのものです。

 

スポンサーリンク

香港カップ2016結果・レース後コメント

メインイベント香港カップ。

芝2000m。

優勝賞金は1,425万香港ドル。

日本円でだいたい2億1,200万円

 

勝ったのは1番人気モーリス。

2着に5番人気シークレットウェポン、3着に3番人気ステファノス。

モーリスは3馬身差の楽勝。

どんだけ強いのこの馬…。

 

2番人気エイシンヒカリは10着、4番人気クイーンズリングは9着。

 

香港カップ・レース後コメント

・1着 モーリス(ムーア騎手)
「スタートが遅くて後方になったが、ペースも速かったので位置は気にしてなかった。直線は凄い脚。一瞬の速さで差し切った。自分のキャリアの中でも最高のレースだった。」

吉田和美オーナー「現役最後のレースを勝つことができてうれしく思います。
スタートの出が悪かったし、エイシンヒカリの方はゲートボーイをつけてスタートが良かったので、逃げ切られてしまうかな、と。うちの馬を見ましたら、後ろにいましたので、いくらなんでも間に合わないなと思いながら、堀先生とレースを見ていました。抜け出す時の脚は、馬じゃないような走りでした。
強い勝ち方でした。(今回がラストラン)馬は一番いい時に引退するのが一番いい。
いい時にやめるのが、一番いい引退の仕方。
デビュー戦の勝ち方を見たら、クラシックに乗れるかなと思ったのですが、レースの使い方の影響か馬は疲れてしまったので、北海道で休ませたら見違えるように良くなった。
その後は思った以上にポンポンと勝って、ここまでの馬になった。先生やスタッフの皆さんに感謝したい。
世界で強い勝ち方をしてくれましたし、思い入れの強い馬です。種牡馬になってからは、似た馬を出してほしい」

堀宣行調教師「香港ジョッキークラブのスタッフのサポートのお陰で、いい結果を出すことができました。(香港ヴァーズをサトノクラウンで制し、海外G1を1日2勝)馬が頑張ってくれましたし、ジョッキーが上手に乗ってくれた結果なので、たまたまかな、と思います」

吉田勝己氏(吉田和美オーナーの夫で、ノーザンファーム代表、社台スタリオンステーション代表取締役)「スタートが遅かったから、どうなるかと思ったけど、強かったね。世界が注目しているなかで強い競馬をしてくれました。今後は社台スタリオンステーションで種牡馬となります。種牡馬としても活躍を期待しています」

・3着 ステファノス(スミヨン騎手)
「モーリスという偉大なチャンピオンには敗れましたが、この馬の特性を考えて先行して、力は出し切れたと思います。3着という結果にも満足している」

 藤原英調教師
「よく走ってくれました。スミヨンも初めて乗って、ゲートもうまく出たし、うまいこと乗ってくれたと思います。しかしモーリスはすごいですね。『さすがモーリス』、そんな競馬でした。ステファノスも今まで一番の状態で使えて3着に来てくれました。勝てませんでしたが、100点の競馬でした」

・4着 ラブリーデイ(ボウマン騎手)
「パーフェクトライド、パーフェクトレース。ただ、モーリスが強かった。馬はすごく頑張った」

 池江調教師
「ゲートの出が良く、いいポジションが取れましたし、自分の競馬ができたと思います。去年の天皇賞(秋)のような硬い馬場を得意としているので、香港の力の要る馬場を苦にして、最後は伸びあぐねました。騎手は完璧に乗ってくれましたし、馬もよく頑張ってくれました。また、どこかでG1を勝たせてあげたいです」

・9着クイーンズリング(デムーロ騎手)
「メンバーが強かったし、外枠も難しかった。日本の皆さんがたくさん応援しに香港にまで来てくれていて、とてもうれしかったです」

 吉村調教師
「これだけのメンバーの中、よく頑張ってくれました。調整も順調でしたし、スタッフもよく頑張ってくれました。日本の皆さんにもたくさん応援してもらい、とても勇気づけられました。本当に感謝しています。今回の経験を生かし、また挑戦したいです」

・10着エイシンヒカリ(武豊騎手)
「相変わらずイレ込んでいたけど、馬場入場時のイレ込み具合は日本のレースよりはマシで、彼なりに我慢できていた。レース中は前に他の馬がいなかったので、彼らしいレースができました。思いきってペースを上げて勝負に出たのですが、最後は脚が止まってしまいました。惜しかったですが、精いっぱいやりました」

 坂口調教師
「見せ場はつくりましたが、最後に止まってしまった。後ろを離して逃げる方がいい馬だから、自分の競馬はできたと思います」

香港マイル2016結果・レース後コメント

芝1600mの香港マイル。

優勝賞金は約1,311万香港ドル。

日本円でだいたい1億9,500万円

 

勝ったのは4番人気ビューティーオンリー。

2着に8番人気ヘレンパラゴン、3着に9番人気ジョイフルトリニティ。

 

1番人気サトノアラジンは7着、5番人気ロゴタイプは5着、3番人気ネオリアリズムは9着でした。

 

香港マイル・レース後コメント

・5着 ロゴタイプ(デムーロ騎手)
「動きたい時に動けない位置になってしまった。タフな走りはしてくれた」

田中剛調教師
「ゲートで待たされる時間が長く、出遅れてしまった。一緒のタイミングで出ていれば、最後はもっと際どかったはず。ミルコ(Mデムーロ)も言っていたけれど、直線では狭いところをこじ開けてくれた。いい状態で出せて差のない競馬ができたので、この馬の力を証明できた。世界の舞台でいいところを見せられた。でも、悔しいですけどね」

・7着 サトノアラジン(川田騎手)
「この馬らしいスムーズな競馬に徹していました。最後の直線も頑張っているけど、やはり世界は強いと思った。馬は良く頑張ってくれました。」

香港スプリント2016結果・レース後コメント

芝1200mの香港スプリント。

優勝賞金は約1,050万香港ドル。

日本円でだいたい1億5,600万円

 

勝ったのは日本でもお馴染み4番人気エアロヴェロシティ。

2着に2番人気ラッキーバブルズ、3着に7番人気ペニアフォビア。

 

1番人気ビッグアーサーは10着、3番人気レッドファルクスは12着。

香港スプリント・レース後コメント

・10着 ビッグアーサー(ムーア騎手)
「道中は馬がワンペースの走りで、あまり気持ちよく走っていませんでした。初めての舞台の影響があったのかもしれません」

 藤岡調教師
「馬の状態は良かったのですが、アウェーの難しいところが出たのかもしれません。外枠も不利な条件でした。馬場が合わないという感じではありませんでした。結果を受け止めて、今回の経験を生かして、またチャレンジしたいです」

・12着 レッドアファルクス(デムーロ騎手)
「いいポジションを取れましたが、スペースを確保しようとした内の馬からのプレッシャーを受けました。直線ではいい伸びがありませんでした」

 尾関調教師
「残念な結果でした。最後の直線でいつもの伸びができませんでした。今回、この馬らしい走りが見せられませんでしたが、また来年頑張ってくれれば、と思います」

香港ヴァーズ2016結果・レース後コメント

芝2400mで行われる香港ヴァーズ

優勝賞金は約940万香港ドル。

日本円でだいたい1億4,000万円

 

勝ったのは4番人気サトノクラウン。

2着に1番人気ハイランドリール、3着に3番人気ワンフットインヘヴン。

 

5番人気ヌーヴォレコルトは4着、6番人気スマートレイアーは5着。

香港ヴァーズ・レース後コメント

・1着 サトノクラウン(モレイラ騎手)
「Dreams come true. 追い切りの動きがすごく良かったので、自信を持って乗った。ハイランドリールが先に抜け出したが、つかまえられる余裕があった。本当にポテンシャルの高い馬。世界トップクラスのレースを勝つことができ、本当にうれしい」

 堀調教師
「このレースに出ることは、前走の天皇賞(・秋=14着)の結果や状態を見て、1か月前から決めていた。馬も非常によく頑張ってくれましたし、ジョッキーもうまく乗ってくれました。一時期調子の悪い時もあったが、立て直したことが良かった。もともと期待していた馬で、2歳の早い時期から活躍してくれた。まだまだ色んな可能性がある」

・4着 ヌーヴォレコルト(岩田康誠騎手)
「状態は良かったのですが、外枠で内になかなか潜り込めませんでした。最後の直線は最後方から盛り返してくれただけに悔しいです」

 斎藤誠調教師
「外枠でイメージしていたような展開になりました。馬の後ろに入れて力をためるのは作戦のひとつとしてありましたが、少し位置取りが厳しかったかもしれません。直線、割ってこようとした際も進路がありませんでした。馬はけがなく戻ってきましたし、まだまだ走る気満々です。いいレースだったと思います」

・5着 スマートレイアー(武豊騎手)
「2400メートルはベストの距離ではありませんでしたが、頑張りました。馬の状態は非常に良かったです。シャティン競馬場の馬場は合いますね。また、この場に戻ってきたいです」

 大久保龍志調教師
「状態はよかったです。着順は人気より上にきましたし、内容も悪くなかったと思います。初めての距離で難しいところもありましたが、いいパフォーマンスだったと思います」

 

コメント引用元

http://headlines.yahoo.co.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ