2016天皇賞春・小銭で楽しむ素人の展望

競馬展望

来週5月1日に2016天皇賞春が開催されます。

伝統ある長距離GⅠ、昨年はゴールドシップが3度目の正直で初優勝。
横山典騎手の見事な騎乗が印象的でした。

まだ正式に出走馬も決まっていませんが、有力所をチェックしていきたいと思います。

 

おそらく1番人気:ゴールドアクター

充実度では現役ナンバーワンでしょう。現在5連勝中。
休み明けで斤量も重たかった日経賞でサウンズオブアースに完勝。

京都コースも問題ないですし、折り合いもつくタイプですので現状最有力かと。
マイルの絶対王者に古馬王道のチャンピオンとかスクリーンヒーローのファンの人達が羨ましすぎる…。
ダ、ダンスだって安田記念勝ち馬と菊花賞馬出してるんだからね!!

 

長距離適性開花:シュヴァルグラン

阪神大賞典圧勝。折り合い不問、乗れてる福永騎手騎乗。
3歳春は毎日杯8番人気5着。ハーツクライ産駒の成長力って凄いね!

不安なのはそのハーツクライ産駒が右回りでGⅠ勝ってない事くらい?
ご丁寧に海外GⅠのコーフィールドCまで左周り。

 

安定感抜群の菊花賞馬:キタサンブラック

ダービー14着以外は全て馬券圏内の菊花賞馬。春天名人武豊とのコンビ。
地味な父ブラックタイドとスプリンターの母父サクラバクシンオーのおかげか毎度毎度人気にならないGⅠホース。

ゆったりしたペースになるでしょうし、GⅠ2勝目も十分ありえる。

そろそろ復活して下さい:トーホウジャッカル

調教の動きは良いみたい。酒井騎手が久々に良い感覚とのコメント。
この馬にはやっぱりデムーロじゃなくて酒井騎手。

金髪なびかせて走る姿がカッコイイ。
ずっと相当強いと思っているので、体調万全で走って欲しい。

 

去年は惜しかったね:フェイムゲーム

今年はボウマン騎手を背に挑む。ボウマン騎手は香港勝った勢いそのままに来日。
昨年秋の海外遠征余計だった気がします。

ダイヤモンドSはさすがの内容。ステイヤーっぽさなら一番かも。

 

主な勝ち鞍はなみずき賞:サウンズオブアース

前走日経賞2着ながら言い訳できない完敗。
でもしれっと2着3着に入ってきそうな気も。

キタサンブラックも凄く2着3着に着そう。

ハッ!

キタサンとサウンズの2頭軸で買えばもう当たったようなもの…!?

 

無視できない鞍上:タンタアレグリア

京都の長距離といえば武豊か蛯名だと思っています。
皐月賞勝ってノリノリ。
穴っぽいところだとこの馬かなーとか思ってます。

 

首は平気なの?:レーヴミストラル

日経新春杯で凄い切れ味を披露。
首寝違えて回避、と言われていましたが、大したことなかったみたいで出るかもしれないそうです。
京都外回りは好物でしょう。キンカメ産駒に春天のイメージはわかないですけど。

 

地味だけど頑張るよ:サトノノブレス

菊花賞2着。ディープ産駒なのにあまり切れ味がなくジリジリ頑張るタイプ。
積極的に動いてどこまで。

 

ざっくり主観丸出しで述べてみました。
菊花賞とか春の天皇賞とかの長距離GⅠ大好きです。
※馬券的な意味ではない

胴の長いステイヤー体系の馬が好きってのもあります。

過去10年で勝った1番人気はディープインパクトだけという春の天皇賞。
個人的にはトーホウジャッカルの復活に期待しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ