阪神ジュベナイルフィリーズ2016 レース後コメント 全馬掲載

レース後コメントスローガン

阪神ジュベナイルフィリーズ2016が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは1番人気ソウルスターリング。

2着に2番人気リスグラシュー、3着に3番人気レーヌミノル。

4着に5番人気ディーパワンサ、5着に6番人気ヴゼットジョリー。

 

3戦3勝だった4番人気ジューヌエコールは11着。

 

怪物フランケル産駒ソウルスターリングの快勝。

好位の最内ピッタリ回って直線抜け出す教科書みたいなレースしてました。

ちょっと気性荒めらしいんですけど、レースだとそういうところはあまり見せず。

藤沢厩舎なので、一風変わったローテーション組まれそうな気もしますが、今後が楽しみ。

 

リスグラシューは出遅れて大外回して2着確保。

能力は相当高そうですね。

大外枠だったのに枠入れ最後じゃなかったのは何故なんでしょうね。

最後どころか奇数番号のジューヌエコールより先に入ってた気が。

鞍上の戸崎騎手も待たされて出遅れた、ってコメントしてますし、枠入れの順番の理由は知りたいですね。

 

麒麟川島さんの本命だったレーヌミノルは3着。

マイルでも大丈夫そうです。

能力は高そうですが、ちょっと他に強い馬が多くて可哀想な感じも。

 

 

馬券の方はリスグラシューから買ってかすった程度。

3500円が1000円になりました。

 

来週は朝日杯FS。

注目はフランケル産駒ミスエルテ。

出遅れ心配だし調教でもひっかかるそうなので、色々不安材料はあるかと。

ただあんまり強そうな牡馬いないので、軽く跳ね除けそうなのも事実。

ミスエルテが勝つようだと来年の桜花賞が盛り上がっていいですね。

スポンサーリンク

阪神ジュベナイルフィリーズ2016レース後コメント

1着 ソウルスターリング(C・ルメール騎手)
「強かったです。とてもうれしいです。お母さんにはフランスで乗っていましたし、お父さんはフランケルでチャンピオンホースです。今日はとても良かったです。ずっと自信がありました。良いポジションを取って、馬がリラックスしていました。直線では楽に先頭に立ちました。(この馬の良さは)トビが大きく、良いペースでいけます。スタミナもあると思います。1800mで勝っているので、もう少し長くても大丈夫でしょう。最初から能力を見せていたので、来年も楽しみです」

2着 リスグラシュー(戸崎圭太騎手)
「ゲートの中で待たされてしまい、出遅れてしまいました。しかし、厳しい競馬でも伸びてるので、走る馬の競馬はしてくれました。ゲートが残念でした」

3着 レーヌミノル(蛯名正義騎手)
「いい形で運べましたが、こんな形で馬の後ろにつけたのは初めてだったので、戸惑ったところはありました。最後もよく伸びていますが、前2頭は強かったです。道中折り合いもつきましたし、いい経験ができたと思います」

4着 ディーパワンサ(A・シュタルケ騎手)
「勝ち馬をマークしていましたが、その馬が持ったままだったので、早く仕掛けるわけにはいきませんでした。この馬も伸びていますが、勝った馬が強すぎました。一生懸命走るところはいいと思います」

5着 ヴゼットジョリー(和田竜二騎手)
「馬群の中に入ると折り合いがついてスムーズでした。直線で弾けなかったのは、前の馬向きの流れになったからで、これが実力ではありません」

6着 ゴールドケープ(丸山騎手)
「頑張ってくれました。雨でも降って時計がかかればもっとよかったんですが」

7着 サトノアリシア(池添謙一騎手)
「パドックでイレ込んでいました。折り合い面は前回よりマシでした。それなりに脚を使っていますが、追うごとに頭が高くなってしまいます」

8着 アリンナ(田辺裕信騎手)
「マイペースで行こうと思いましたが、力尽きました。一生懸命走りすぎています。リラックス出来れば、この距離もこなせると思います」

9着 フェルトベルク(川島騎手)
「いい脚は使ってくれましたが、G1は厳しかった」

10着 スズカゼ(松田騎手)
「もう少し内枠だったらと思いますが、折り合いがついていいレースはできました」

11着 ジューヌエコール(M・バルザローナ騎手)
「だいぶひっかかりました。しかし、それなりにコントロールが利いていました。その後、内の馬に接触して、バランスを崩してしまいました。そこからハミを取り直すのは大変でした。スピードのある馬で、1200mから1400mがベストでしょうか」

12着 ブラックオニキス(城戸騎手)
「イレ込みが軽減されたのは何より。距離はもう少しあった方がいいと思います」

13着 ショーウェイ(松若騎手)
「ハナに行きたかったですが…。これがいい経験になれば」

14着 シグルーン(藤岡康太騎手)
「良い位置で、折り合いがつきました。4コーナーの感じもすごく良かったのですが、外から2着馬が上がっていった時にひるんでしまいました」

15着 クインズサリナ(シュミノー騎手)
「中団で折り合いはつきました。マイルは長いように感じました」

16着 ジャストザマリン(四位騎手)
「新馬を勝ったばかりでG1の雰囲気に飲まれてパニックになってしまった」

17着 ポンポン(嘉藤騎手)
「ついていくのにいっぱいでした」

18着 エムオービーナス(木幡初騎手)
「ゲートで立ち上がってしまって…。イレ込みがきつすぎました」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ