函館記念2016レース後コメント全馬掲載

レース後コメントスローガン

2016函館記念が開催されました。

勝ったのは3番人気マイネルミラノ。

2着に13番人気ケイティープライド、3着に9番人気ツクバアズマオー。
4着16番人気マディラ、5着1番人気バイガエシ。

これで1番人気は10連敗となりました。
3連単は233,010円。

5頭ボックスの3連複かっていましたが、全馬掲示板の外な上に4頭が二桁着順というひどい目にあいました。

夏の重賞なんて当たるきがしねえ!


函館記念2016レース後コメント

1着 マイネルミラノ(丹内祐次騎手)
「スタートも決まり、オツウが控えてくれたのも良かったです。4コーナーでも余力十分でこれなら勝てると思いました。去年は自分が失敗して8着でしたが、これでリベンジを果たすことが出来ました。中学生の時から、この地元函館で重賞を勝つのが夢でした。ファンの応援は嬉しかったです。勝ったらウイニングランをしようと決めていました。最高の気分でした」

2着 ケイティープライド(浜中俊騎手)
「距離をこなし、折り合いもつきました。52キロで具合も良く、うまくいったと思います。手応えも良くて、最後まで伸びていました。逃げた馬が止まったら勝てると思ったほどでした」

3着 ツクバアズマオー(吉田豊騎手)
「出来れば2着になった馬の位置で競馬がしたかったです。うまく前の馬を捌けたと思いますが、追えたのは残り1ハロンを過ぎて150mぐらいでした」

4着 マデイラ(古川吉洋騎手)
「内枠でハンデも軽く、その点をうまくいかせたと思います。一瞬勝つかと思ったぐらいでした」

5着 バイガエシ(藤岡佑介騎手)
「前残りのレースになるとは思っていました。出来れば好位の内に入りたかったのですが、中途半端な位置でゴチャつくよりはいいと思い、思い切って外を回る形をとりました。今日はレースの展開が向かず5着となりましたが、昇級の身で最後まで脚を伸ばしていました。まだこれからの馬だと思います」

6着 ネオリアリズム(ティータン騎手)
「かかることなく折り合って運べたが、前の馬はプレッシャーなく競馬できていた。もっとペースが流れて欲しかった」

7着 ホッコーブレーヴ(丸田騎手)
「状態もよく、いい感じで伸びてくれた。先行馬とは通ったところの差だと思う」

8着 トゥインクル(勝浦騎手)
「しまいまで伸びてくれたし、特に悪いところはなかった。(敗因は)2000メートルなのかな。手応えがいい場面がなかったからね」

9着  レッドレイヴン(池添騎手)
「1~2コーナーでペースが遅いと思ったが、誰も行かないので自分から動く形になった。さすがに、あの位置から動くと厳しいですね」

10着 トーセンレーヴ(ホワイト騎手)
「この馬の持っているパワーの3割も使えなかった。致命傷は3コーナーでの不利。直線も前が開かなかった。札幌記念でリベンジしたい」

11着 ダービーフィズ(小島太調教師)
「滑る馬場がよくないこともあるけど、この(前が楽な)ペースで、しかも外枠だったからね。レース内容自体は少しよくなっているように感じた」

12着 マイネルフロスト(松岡騎手)
「4コーナーはいい感じで上がっていけたが、直線で伸びなかった。今回は休み明けの割に仕上がっていたと思っていたので残念」

13着 マテンロウボス(四位騎手)
「もともとゲートに不安があり、器用なタイプでもないので、リズムを重視して後ろから。前がつぶれる展開になればと思っていたが、思ったより伸びなかった。現状では、いろいろな部分がかみ合わないと(重賞で)上位争いは厳しいのかな」

14着 オツウ(北村友騎手)
「自分の競馬はできました。他馬に来られた時に、もっと抵抗できればよかったんですが」

15着 ファントムライト(内田騎手)
「小回りで大外枠だったからゲートから出して行き、どこかでうまく内に入り込めればと思っていたけど…」

16着 フェイマスエンド(三浦騎手)
「馬場としか言いようがありません。状態は本当によくなっていたんですが。このまま順調にいけば、大きいところを狙える馬だと思います」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ