エリザベス女王杯2016 レース後コメント

レース後コメントスローガン

エリザベス女王杯2016が開催されました。

騎手や調教師のレース後コメントを掲載しています。

 

勝ったのは3番人気クイーンズリング。

2着に12番人気シングウィズジョイ、3着に2番人気ミッキークイーン。

4着に5番人気パールコード、5着に14番人気プリメラアスール。

 

1番人気に推されたマリアライトは6着でした。

 

スローペースで最内ピッタリ回ってきたデムーロが優勝、先行したルメールが2着。

皆の目がムーアに行っている隙にデムルメワンツー炸裂でした。

 

馬券は大外れ。

ちょっとどう予想してもこの上位2頭は買えなかったと思います。

マンハッタンカフェ産駒がエリ女で成績悪いときいてまずマンカフェ産駒切る所から始めましたからね。

 

今日は珍しく3場全てのメインレース買いましたが、本命馬が一度も掲示板にすら乗らず…。

マイルチャンピオンシップもえらいことになりそうです。

 

レース後の蛯名騎手はちょっとお怒り。

パトロールビデオ見ましたけど、確かにかなり大きな不利を受けてます。

確かにあれは結果に影響出そう。

これで有馬記念で人気落ちるようだと面白い気がします。


エリザベス女王杯2016レース後コメント

1着 クイーンズリング(M・デムーロ騎手)
「ずっと京都のGIを勝てていなかったのを気にしていました。勝てて良かったです。内枠も条件は良く、もう少し前に行きたかったのですが、強いレースをしてくれました。直線ではルメール騎手に先に入られ外へ川田騎手に行かれましたが、とても真面目な馬なので、中のスペースをしっかり伸びてくれました。距離の心配もなくなりました。今後も楽しみです」

(吉村圭司調教師)
「初めてGIを勝てて嬉しいのと、信じられない気持ちと両方です。夏を越して馬が成長して、府中牝馬ステークスから中3週でしたが、中間にパワーアップした感じで馬の成長期とレースがマッチした感じです。レースでは位置取りは思ったより後ろでしたが、長い長距離のレースですから切り替えてみていました。直線ではシングウィズジョイうを交してくれと声を出していました。初めて重賞を勝ってくれた馬で、GIが勝てて感謝の気持ちしかありません」

2着 シングウィズジョイ(C・ルメール騎手)
「ペースは遅かったですが、馬はリラックスして走っていました。直線では反応するどく伸びてくれたのですが、今ひとつスタミナが足りない感じで残り100mで止まる形でした。でも今日はこの馬としてはとても良いレースをしてくれました」

3着 ミッキークイーン(浜中俊騎手)
「ペースは遅くなると思っていました。今日はゲートを上手に出てくれていいポジションでレースが出来ました。3~4コーナーもスムーズでしたし、エンジンの掛かりが遅い馬ですが、6ヵ月の休み明けを考えると本当に良く走っています。直線ではもう一度差を詰めようとしていましたし、気持ちの強さとポテンシャルの高さを感じました」

4着 パールコード(川田将雅騎手)
「秋華賞からいい状態で、今日もとてもいい状態でした。来年もまたこの舞台に立てればと思います」

5着 プリメラアスール(幸騎手)
「マイペースでは行けたとはいえ、このメンバー相手に、よく頑張ってくれました。力を付けていますし、これからが楽しみです」

6着同着 マリアライト(蛯名正義騎手)
「1コーナーの不利が全てです。落馬するかと思いました。レースに多大な影響がありました。今日はそれだけです」

6着同着 シュンドルボン(吉田豊騎手)
「道中はもう一列前で競馬をしたかった。脚は使っているけど、あと1ハロンのところで、あれっという感じに。もっと伸びるかなと思ったけど」

8着 タッチングスピーチ(ムーア騎手)
「よく走ってくれたが、固い馬場を気にして走っていた」

9着 マキシマムドパリ(武豊騎手)
「4コーナー手前でペースが速くなるとついていけなくなってしまった」

10着 アスカビレン(松田騎手)
「外枠で難しい競馬になってしまいました」

11着 デンコウアンジュ(松山騎手)
「展開が向かなかったですね。最後はよく伸びてくれましたが…」

12着 メイショウマンボ(池添騎手)
「ゲートを出たので、あの位置から。悪くない感じで直線を向きましたが、最後は止まってしまいました」

13着 ヒルノマテーラ(四位騎手)
「不利の影響でカッとなったけど、何とか我慢して運べた。ただ、最後は切れ負け。もう少し短い距離の方がよさそう」

14着 プロレタリアト(杉原騎手)
「1コーナーの不利が痛かったですが、それでもいい手応えで追走できたんですが…」

15着 シャルール(福永騎手)
「外枠で壁をつくれず、前半は力みながらの追走になった。難しい競馬になってしまった」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ