CBC賞2016レース後コメント全馬掲載

レース後コメントスローガン

2016CBC賞が開催されました。
どうしても冬のGⅡのイメージが抜けません。

CBCテレビの賞なんですね。
AJCCみたいになんかの略かと思っていました。

勝ったのは3番人気レッドファルクス。

2着に7番人気ラヴァーズポイント、3着2番人気ベルカント。
4着に6番人気サドンストーム、5着に10番人気ベルルミエール。

1番人気に推されたエイシンブルズアイは9着と惨敗。
休み明けの影響でしょうか。

デムーロ騎手は桜花賞以来の重賞制覇。
毎回人気馬に乗っていることを考えると長いスランプでしたね。

メイン勝ったの自体が久々かな?

レッドファルクスはこれで7勝目ですが、芝3勝ダート4勝。
これだけ融通きくとレース選び楽でいいですね。

馬主孝行なお馬さんです。


CBC賞レース後コメント

1着 レッドファルクス(M.デムーロ騎手)
「桜花賞以来の重賞制覇、嬉しいですね。以前一度だけ乗ったことがありました。芝もダートも悪くないという感じでした。1400mをしばらく使われていたので、前半少しずぶいところがありましたが、直線はラストまでいい脚を使い続けてくれました」

2着 ラヴァーズポイント(松若風馬騎手)
「楽な形で2番手に行けて、道中の流れも向きました。ハンデの50キロも活かしてよく頑張ったのですが、惜しいレースでした」

3着 ベルカント(藤岡康太騎手)
「左回りで少し右に右にというところはあったものの、この上がりの中、ラストまで本当に頑張っています。スタートも出て、ほぼ思った通りのレースは出来ました」

4着 サドンストーム(C.ルメール騎手)
「とてもいいスタートから4番手でリラックスしてレースが出来ました。でもラスト100mで疲れてしまいました」

5着 ベルルミエール(太宰啓介騎手)
「スタートも出て、いい位置からレースを運んで、直線もバテずに頑張ってくれました」

6着 スノードラゴン(大野拓弥騎手)
「58.5キロもあったと思いますが、それだけにスタートがもうひとつだったのが痛かったですね。時計も早かったかもしれません」

7着 ワキノブレイブ(浜中騎手)
「周りが速く後方からになりましたが、頑張っていますよ。最後もそれなりに伸びています」

8着 シンデレラボーイ(川田騎手)
「ゲートを出てからもスムーズに進んでくれました」

9着 エイシンブルズアイ(石橋脩騎手)
「またこの馬に乗るチャンスを頂けて勝つためのレースをしました。内枠からいいポジションが取れたのですが、3コーナー過ぎからいい時の感じではありませんでした。今回は休み明けでしたし、力はこんなものではないはずです。これからまただんだん良くなっていくと思います」

(野中賢二調教師)
「使いつつ良くなる馬で、3ヶ月はこの馬としては長い休みでした。それでもプラス8キロの体重は想定内で、体はできていたし、動ける体になっていたと思ったのですが……。返し馬の感じがこの馬の本来の感じではありませんでした。外見はできていましたが、中身が本物ではなかったのかもしれません」

10着 サクラアドニス(和田竜二騎手)
「馬の行く気に任せてのレースで、ラストはそこそこ来ています。乗りやすいいい馬ですね。マイルぐらいまでの距離でやれそうな馬です」

11着 ラインスピリット(森一騎手)
「ゲートは出てくれたんですが、その後の行き脚が全くつきませんでした」

12着 メイショウライナー(秋山真一郎騎手)
「流れに乗せていって、なし崩し的に脚を使ってしまいました。どこかで脚を溜めたかったですね」

13着 ジョディーズロマン(酒井騎手)
「この相手で流れに乗って競馬はできました」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ