ラニ出走ベルモントステークス結果は3着。賞金、日程等

umanyu2

日本時間の6月12日早朝、ラニが米3冠最後のレースベルモントSに出走しました。

結果は3着と大健闘。
過密日程のアメリカ3冠レース全部出走して掲示板に二度入り、最後のレースで馬券に絡むって凄い。

 

それなりのスタートを切ったラニですが、いつも通り後方へ。
徐々にポジションを上げて最後の直線は少し夢を見ることが出来たくらい熱いレースでした。

最後の直線に入る前に武騎手が必死に追っているのになかなかエンジンかからない。
芦毛だし気性荒いしズブいしまさに砂のゴールドシップ。

 

日本でも走るところみたいですね。
ダート2400mでズブさを発揮するくらいなのでどのレースが合うのかちょっとわかりませんけど…。

芝走った新馬戦がもうちょっと格好ついていれば選択肢増えて面白かったんですけどね。

ちなみにラニのお母さんはヘヴンリーロマンス。
14番人気で天皇賞秋勝ってます


賞金はそこそこよろしい

アメリカ3冠レースの優勝賞金は

ケンタッキーダービー124万ドル
日本円で約1億3,000万円。

プリークネスステークス90万ドル
日本円で約9,600万円

ベルモントステークス80万ドル
日本円で約8,500万円

と、ヨーロッパのGⅠレースと比べると高額。
日本のGⅠと比べてもそこまで遜色ない賞金です。

ちなみにベルモントステークスの3着賞金は15万ドルだそうです。
日本円で約1,600万円くらい。

 

アメリカ3冠レースといえば、有名なのが過密日程。

2016年の日程は

  • 5月9日にケンタッキーダービー
  • 5月22日にプリークネスステークス
  • 6月12日にベルモントステークス

と非常にタイトなスケジュールです。
中1週、中2週で3戦と相当ハード。

元々ラニも、2戦目のプリークネスステークスは回避してベルモントステークスに向かう予定でしたが、ケンタッキーダービーの疲れがすぐ取れたので参戦を決めた経緯があります。

ラニのスタミナとか回復力ってどうなっているのだろうか。

ひとまずゆっくりして欲しいですね。

ベルモントステークスレース後コメント

3着 ラニ(武豊騎手)
「馬のコンディションも非常に良く、いいレースでした。直線を向いて勝利を意識する瞬間があった程で、悔しい気持ちも感じています。アメリカのタフな3冠レース全てに参加し、しかも3つのレースの中で、進歩しながら3冠レースを盛り上げたラニは素晴らしいと思います。このような貴重な経験をさせていただき、オーナーをはじめ関係者の皆様に感謝しています」

(松永幹夫調教師)
「よく頑張ってくれました。スタートが良く、また、距離が長いレースだったので、ペースが落ち着き、楽に追走出来ました。ラニの競馬は出来ましたが、もう一歩でしたね。十分世界で戦える力を見せてくれたので、また海外のレースにチャレンジしてみたいです」

http://news.netkeiba.com/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ