新潟記念2016 レース後コメント

レース後コメントスローガン

サマーシリーズ最終戦、新潟記念2016が開催されました。

勝ったのは2番人気アデイインザライフ。

2着に1番人気アルバートドック、3着に9番人気ロンギングダンサー。

4着に7番人気ベルーフ、5着に4番人気ルミナスウォリアー。

 

横山典騎手は史上4人目となるJRA全10場重賞制覇を達成。

毎回やる気出してくれたらもうちょっと安心して買えるのですが。

 

アデイインザライフは3歳時に弥生賞3着。

なかなか順調に使えませんでしたが、ここにきて条件戦から3連勝で重賞制覇。

秋以降楽しみな存在になりました。

 

1枠だから切ったベルーフが外ラチ沿い走って伸びてきたのはびっくり。

朝から内枠が壊滅状態だったので外のディープ産駒とファントムライト買っていましたが、ロンギングダンサーは全く頭にありませんでした。

ケイバッテムズカシー。

 

3番人気のダコールおじさんは16着。

デムーロ騎手のコメントにもありますが、さすがに疲れてたようですね。

もう8歳ですけど来年も走るのでしょうか。


2016新潟記念レース後コメント

1着 アデイインザライフ(横山典弘騎手)
「後ろからスーッと行って、最後どれだけ伸びるかという競馬をしました。器用なタイプではないので、エンジンをかけたら、その勢いで行きたかったのですが、何の不利もなく直線の長い新潟で馬のリズムを大事に乗りました。返し馬で暑くてどうかと思いましたが、よく我慢してくれました。馬を仕上げてくれたスタッフに感謝しています。まだヨタヨタしているところもあるので、このままいい状態で行ってくれたらと思います」

2着 アルバートドック(戸崎圭太騎手)
「左回りや小回りがどうかと思っていましたが、馬の具合が良くて道中の手応えも良く、しっかりと伸びてくれました。力をつけています」

3着 ロンギングダンサー(吉田豊騎手)
「道中の感じがとても良く。直線は外で出すことを決めていました。4コーナーで勝ち馬に自分の出したいところを取られたのが痛かったです」

4着 ベルーフ(田辺裕信騎手)
「思いのほか道中ついていけませんでしたが、急がせずにリズム重視でいきました。直線は思ったより外になりましたが、ズブさを出さずよく伸びてくれました」

5着 ルミナスウォリアー(柴山雄一騎手)
「道中はリズム良く行けましたし、この馬らしい走りをしてくれました。直線は自分の馬もそれほど内ではありませんが、他がさらに外から伸びていました。どこかでチャンスがあると思います」

6着 ファントムライト(内田博幸騎手)
「道中は中団で我慢させて、外に出せる位置にいましたが、他の馬があんなに外へ来るとは思いませんでした」

7着 ムスカテール(津村騎手)
「最後まで頑張っていたし、差のない競馬ができた。前半は少しハミをかんでしまったけど、次はもっと良くなりそう」

8着 マイネルミラノ(柴田大騎手)
「ああいう形しかないと思っていた。昨年のような馬場だったら良かったけど、斤量も背負って内の馬場が悪かった。それでも頑張っていた」

9着 クランモンタナ(和田騎手)
「前走よりズブさは見せなかったけど、この馬に高速馬場は厳しかった」

10着 マジェスティハーツ(森騎手)
「距離ロスなく回ってこられたが、もう1ハロンが伸び切れなかったし、右にもたれていた」

11着 サトノギャラント(北村宏騎手)
「いろいろ考えて乗ってみた。一瞬、気持ちに火がついたので、もう少し頑張ってくれると思ったが…」

12着 メイショウナルト(柴田善騎手)
「道中はいい感じで運べたけど、直線に向いてから耳を絞って突っ張ってしまった」

13着 マイネルディーン(石川騎手)
「この馬には上がりの速い新潟が合っていないのかもしれない」

15着 エーシンマックス(石橋騎手)
「逃げ馬について行くとオーバーペースになってしまうけど、そのぐらいの方が良かったのかもしない」

16着 ダコール(M.デムーロ騎手)
「馬が疲れていたのかもしれません」

17着 アロマカフェ(木幡巧騎手)
「4コーナーまでいい感じで走っていたけど、そんなに甘くはなかった」

http://keiba.radionikkei.jp/

http://www.hochi.co.jp/

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ